「第8回チャレンジド・ジャパン・フォーラム2002 in いわて」
大会宣言



 私たちは2002年8月27日(火)と28日(水)の2日間、岩手県盛岡市において 「第8回チャレンジド・ジャパン・フォーラム2002 in いわて」を開催しました。

 私たちはIT(情報技術)が障害を持つ人々の可能性を切り拓くことに着目し、 自らの可能性を実現しようとする意欲を持つ障害当事者を「チャレンジド」と呼びます。
「チャレンジド・ジャパン・フォーラム」(略称CJF)は1995年以来、チャレンジド の意欲を実際の仕事に結びつけることができる新しい社会システムづくりを模索して来ました。 その先進的な議論から生まれたメッセージは、「改革」の志を持つ各方面の人々を動かし、 いまや大きな改革のうねりが生まれています。

 たとえば、地方自治体においては、岩手、宮城、三重、大阪、兵庫、高知、千葉、熊本、 和歌山の9府県が、チャレンジドが在宅で働けるようにするための組織や制度を立ち上げました。
国においては、正規雇用に限っていた現行の就業支援制度を、「より多様な働き方を支援できる 制度に変えよう」という目標を明確に掲げた委員会が、厚生労働省に設置されました。
また「障害者基本法」の見直しにあたり、内閣府に設置された「新しい障害者基本計画に関す る懇談会」においても「保護から自立支援へ」転換する具体的な制度改革の議論が始まっています。

 そして、働くチャレンジド、仕事を得ようとする意欲的なチャレンジドは、年々増加しています。 こうした変化の背景にITの進歩があることは、言うまでもありません。
 岩手県のチャレンジドは、ITによって自身のハンディも物理的な距離の大きさも乗り越える チャンスを得ました。今回のCJFのサブタイトル「イーハートーブ・バイ・チャレンジド」は、 そのチャンスを活かし、いまこそチャレンジド自らが主体になって宮沢賢治の理想郷を建設しよう という気概を示したものです。

 今回のCJFでは、岩手県における地域に根を張った取り組みが堂々と語られる一方、 岩手県と改革の志を共にする4府県の知事から、独自の意欲的な取り組みが語られました。 中央省庁、企業、チャレンジド自身からも、新しい取り組み事例が発表されました。そして、 会場の皆さまも含めてそれぞれが大いに刺激しあい、知識や議論をさらに前進させる機会に なったものと確信します。

ここに私たちは「CJF2002いわて宣言」を提唱します。

(1) 私たちは、IT時代に即したチャレンジド在宅就業支援策を明確に打ち出す地方自治体 が増えてきていることを歓迎し、この動きがすべての自治体に広がるよう、それぞれの立場で 努力して行きます。

(2) 私たちは、これまでCJFが発信してきたメッセージが、政府の新しい障害者政策づくり にも反映されるようになってきたことを歓迎し、自立と多様な働き方を支援する具体的な政策が 実現されるよう、いっそうの情報発信に努めて行きます。

(3) 私たちは、いわゆる「IT革命」が混迷する中、「弱い部分や不自由 な部分を持った 人こそITによって大きな可能性を手にできる」という当初の着眼を再確認し、この確信から 生まれた改革が、新しい日本の社会づくりにつながると考え、いっそう力強く推進していきます。

(4) 私たちは、チャレンジド就労の先進国に学ぶばかりでなく、自らのものとした思想やノウ ハウを途上国に提供することにも力を入れて行きます。

(5) 私たちは少子高齢化社会の進展を見据え、チャレンジドを初めとしたさまざまな人が社会を 支える一員になり、誇りを持って生きられる社会を目指します。


大会宣言署名





← トップに戻る